TOEFL・GMAT対策、MBA・LLM・大学院留学のアゴス・ジャパン横山 匡のブログ|UCLA Anderson 合格者を祝う会

HOME > UCLA Anderson 合格者を祝う会

2009/04/28

UCLA Anderson 合格者を祝う会

4月24日、金曜日。渋谷で今年のUCLA Anderson School 合格者を祝う会が行われ、Anderson Community に少しばかりの活動支援をしていること、UCLA卒業生の縁もあり招待頂き参加する機会がありました。

2003年卒の弊社現社長の本多が在校時代の2002年の夏前に「夏休みの説明会の支援をして欲しい」と連絡をもらい、Anderson 在校生との交流が深まってはや7年。先日本多との雑談の中で、「合格者同士を招いて会わせるような場ももっとつくっていきたい」と話していた矢先、出張先でも何度となく会わせてもらってきた、昨年卒業の西川さんと本多が発起人で、その他渡辺さん、田中さん、市川さん、長谷川さんをはじめとした(写真に登場する方々です)卒業生が盛り上げて、合格&入学予定者8名、その家族、卒業生、出願予定者、総勢40名を超える「合格者を祝う会」になった。

会場では、多くの「昔ながらの」UCLA卒業生に大勢会え、合格者を祝う会でもあり、仲間との再会の場でも有り、と楽しい時間を過ごしました。 以下、西川さんから参加者へのメッセージ、そして当日開場で紹介された、Anderson Community から合格者へ届いたお祝いのメッセージをまとめたものを紹介させていただきます。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

お祝い会にご参加いただきました皆様

昨日は、お忙しい月末近くの金曜日、かつShort Noticeにもかかわらず、Class of 2011の合格をお祝い会にご参加いただきまして、本当に有難うございました。

おかげさまで、私自身も楽しく、合格者の方々とのお話をさせていただき、つい1年前まで居たLAの空気を思い出すことが出来ました。私だけでは無いと思うのですが、UCLAそしてLAでの生活を人にお話しするとき、ついつい熱が入ってしまう傾向があります。。。合格者の方々、やや暑苦しい印象を与えてしまっていたとしたら、全てはUCLAへの愛ゆえ、ということでご容赦いただければと思います。

是非今回のような気持ちの良い、楽しい会を3,4ヶ月に一回位、合格者のお祝いを含めて開催していきたいなあと思います。「EWA会」ということで、次回も皆様にお会いできることを楽しみにしております。

それでは、合格者の方々は、すばらしい2年間をお過ごしください!
卒業生の方々は(合格者の方々も)、今後とも宜しくお願い致します!

西川
Class of 2008

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
UCLA Anderson School Dean, Judy Olian からのメッセージ

I would like to congratulate the new admits to UCLA Anderson. It is a real credit to the credentials and talents of the admitted Japanese students. This year’s applicant pool is extremely competitive and admitted students are among the most talented candidates to MBA programs all around the world. I would like to congratulate the candidates who were successful in their quest for admission to UCLA Anderson and encourage them to visit the school in person. They will find a remarkable intellectual environment as well as collaborative community that will welcome them.

I would like also to express my appreciation to members of the Japan Alumni community who are so prominent in Japan and dedicated to advancing the reputation of UCLA Anderson. We appreciate your friendship and look forward to visiting with you again soon when I am next in Tokyo. I hope to meet in person with the newly admitted students from Japan when I welcome the class of 2011 in Westwood in September, prior to the beginning of the school year.

With warm wishes,

Judy Olian, Dean

その他Admissions Office、Professor、在校生・卒業生の方々からも、新入生の皆様へのお祝いメッセージが沢山届きました。お祝いメッセージを見る

そしてこのような会を今後も定期的に行って行くそうです。会の名前は、Anderson School のモットー、 Exellence Without Attitude のイニシャルを取って、EWA会だそうです。かなりベタに、日本語としても正当化したようにも思えますが(笑)、西川さんと本多の発案に、異議なしで決まったようです。きっとこれからの活動が重なるにつけ、どの名前も浸透していくのだろうと楽しみにしています。

EWA(いいわ)会

Excellence Without Attitude

いい輪(環)(Networking、Continuity)
いい(Experience/Knowledge Sharing)
いい(Teamwork、Community)


ucla.JPG
会が終った後も残って語り続けた発起人とその仲間グループと!

最後に、当日参加した方々に送った、「留学の意義と価値」と言うようなセミナーでも語ることがある、留学生活の日々に向けたメッセージを共有させていただき、終わりにします。これから、あらゆる国、学校に留学する方々皆さんに同じメッセージを贈りたいと思います。

===================================
人生80年と言われ、日数に直すと29,000日程度になります。28年で約10,000日ですから、before UCLA 10,000日、after UCLA 19000日と言う計算になります。その間に挟まれた、たった650日程度の2年間弱のUCLA留学生活は、きっと人生の中でも最も思い出の濃い、充実した日々になるだけでなく、After UCLAの19,000日、毎日に影響と刺激を与え続ける日々になると信じています。「UCLA生活で何が変わりましたか?」と聞かれることがよくありますが、「UCLA無しの人生を送ったことが無いのでわかりません。UCLA生活有っての自分です。」と答えてしまいます。もっといい答えはあるのでしょうが、「あの日々なくして今の自分は無い」との想いからの本音です。「何が変わった」というよりも「今の自分にたどり着くための必然的な縁」だったと思っています。私は高校からカリフォルニアで,その後学部でUCLAに入ったので、650日よりかなり長く Westwood に居れたことを今ではとても幸運だったと振り返っています。

これから出発される方々には650日が実り多き日々であることを願い、そして卒業生の方々には、残りの1万数千日のなかで、これからも時にふれ、何度と無く会っていけること楽しみにしています。繰り返しになりますが、発起人の皆様に特に感謝して次回のEWA会を楽しみに待たせていただきます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

http://blog.agos.co.jp/mt/mt-tb.cgi/204

コメントを書く

名前:
 
コメント本文:
 

Page Top

Copyright (C) 2009 AGOS JAPAN Inc. All Rights Reserved.